—– 子どもの集中力を大切にします。—–

子どもが何かに集中しているときは、遮ることなく見守るように心がけ、まずは自分で興味を持ったものから、集中できる時間を少しずつ伸ばしていけるように、また成長するに従い、好きなことだけではなく様々なことにも、集中できるように導いていきます。